《ココ・ステーション ミッション》

ステーションの目的と存在意義

一流の看護師により利用者様の満足を得ます

①一義的存在理由

 まず我々は何故存在するのかを自ら問うた時、社会から必要とされ、尊厳あり質の高い療養を求める利用者様、取り巻くご家族の安心を得る為が理由であります

 つまり「利用者様達に満足を得てもらうため為」が、存在理由であります


②一義的存在理由を達成する為に

 この一義的存在理由を充足させるためには、一流の看護師の存在が必要であります

一流とは、利用者様の心身の満足を遣り甲斐として、一流の手技と知識を有し、常に向上心を忘れず、利用者様本位で行動する事であります


③一流の看護師の働く職場

 その看護師を支えるための職場作りが必要となります。働きやすい環境、経済的満足、日々止まぬ研鑽の場の提供となります

 当ステーションはここに掲げる事を日々胸に刻み、標榜し、成長を図ってまいります


理念は「社員第一主義」。組織は「逆さまのピラミッド」


■ステーションとして

 超高齢社会における医療・介護の在宅化の時流の中で、社会のニーズに応え、地域への貢献を行います。また、個人の様々な事情により就業の機会を見いだせない潜在看護師の雇用創出を行います。

さらに長年培ってきたより良い職場環境を実現する経営を生かし、ノウハウあり得意とするIT(情報技術)の積極的な利活用を導入し効率の良い運営を目指していきます。

 私達は、優れた看護を実現させ、地域包括ケアシステムの中核を担う「訪問看護ステーション」を創造し成長していきます


■職員募集の方針

 当ステーションは、高い志を持つ優秀なスタッフが、利用者様の満足を得て、働く喜びと、自身のゆとりある生活の実現をめざし、最良の労働環境の提供を標榜しております

 今後は機能強化型を目指し、また、リハビリテーション強化を図るため、継続職員募集しております

私達は、優れた看護を実現させ、地域包括ケアシステムの中核を担う「訪問看護ステーション」を創造し成長していきます


 ※地域包括ケアシステムとは(厚生労働省HPより抜粋

 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。

今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要です。人口

が横ばいで75歳以上人口が急増する大都市部、75歳以上人口の増加は緩やかだが人口は減少する町村部等、高齢化の進展状況には大きな地域差が生じています。

地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要です